INTERVIEWあなたを輝かせる人生のヒント

販売職は、進化し続ける職業。
自分の存在意義を強く感じられるお店という場所で働くのは、
刺激とたのしさに溢れています。 (後編)

 

中川留理子さん

ブルガリ・ジャパン株式会社
セールストレーニング
ディレクター

プロフィール

証券会社での営業、税理士事務所を経て、宝飾業界へ転職。ダイアモンド専門店で販売、店長を経験後、ブルガリジャパンへ入社。販売員、チーフ、新宿高島屋店店長を経て、35歳でブルガリ銀座旗艦店の店長に。 12年間の店舗経験を経て、社内Sales Training team を立ち上げ、現在に至る。 ビジネスコーチ社認定ビジネスコーチ。現在は、 20年以上の接客経験をベースに、経験値に偏らないプロフェッショナルコーチとして、社内店長、スタッフの育成にあたる。

本当のおもしろさは、やってみないとわからない

販売職のおもしろさは、本当はやってみないとわからないんじゃないかと思うんです。

販売員は、お店に行けば会えますから、みなさんはお客様として接する販売員の姿が販売員のすべてのようにイメージされていると思います。でも本当は、そうじゃないんです。やってみてはじめて感じたり、わかることはとても多いですから。

ブルガリでは、販売職を長く続けている社員が多いです。それはその方たちが、販売はマーケティングビジネスだと、理解しているからです。そのことを理解しているから、自分でアイディアを持って、自分なりに目の前のお客様に対応していくことができる。そこには完璧なルールもないですし、マニュアルでできる接客でもないんです。接客はスタートから終わりまで自分自身で完結させる。とても自立性の高い仕事です。その面白さと充実感は、やはりやってみないとわからないと思います。

販売職は進化していく職業

販売は、目の前の人に対して強い影響力を発揮できる仕事だと思います。それも短時間で。自分の提案で、お客様の判断や価値観が変わり、買っていただくという結果がすぐ見えて、手ごたえを感じやすい。こんな仕事は、他にはないと思います。

そして、それは販売員自身の存在意義や自己肯定に繋がっていくんです。でもそれがあるから、この仕事を続けていくことができるんだと思っています。

これからも世の中は更に大きく変わっていくと思います。時代の変化で市場は急速に変わり、同時に人の求めるものも常に変化しています。新型コロナによって人の価値観も変わってきています。だからこそ、我々もその価値観の変化を常に捉えて、進化し続けていくこと、プロフェッショナルさを追求していくことで、販売職の価値は上がっていくと信じています。

 

文 :馬場真由香(JASPA事務局)

写真:清水洋延(JASPA事務局長)