INTERVIEWあなたを輝かせる人生のヒント

「洋服」と「人」に囲まれて、
「人間力」まで磨いてもらえた
楽しくて、かけがえのない仕事。
(前編)

販売員の「本音」インタビュー02

吉村ひかるさん
株式会社BEST GRADE 代表取締役
AICI国際イメージコンサルタント協会認定 国際イメージコンサルタント
一般社団法人パフォーマンス教育協会公認 エグゼクティブ・パフォーマンス・インストラクター

プロフィール
銀座三越、日本橋三越で19年間、販売員やバイヤーを経験。ご主人の単身赴任がきっかけとなり10年前に退職した後、「三越での、これまでの経験をすべて活かせる仕事!」として、日本で3人目に“国際イメージコンサルタント(Certified Image Professional)”の認定を取得。10万人以上を接客してきた経験をベースに「お客様の夢の実現」を強力にサポート。明るくてエネルギッシュで、笑うと目がなくなる“快活癒し系”。
著書:『女は服装が9割』(毎日新聞出版 2018/3/22)

 

「好き!」と決めたら一直線だった、若き日々。人事担当に二度も直訴を

私は小学生の頃からお洋服が大好きでした! 母が洋裁のできる人だったので、私がデザインした洋服を、手作りしてくれていたんです。
夏休みの朝のラジオ体操に着ていく服も、「1日目はこのデザインで行きたい!」って作ってもらって……ただのラジオ体操なのに(笑)。中にはパジャマで来るような人もいるところに、張り切ってオシャレして出かけていました。

女子大に入ってもお洋服が大好きで、夜間の服飾学校にも通って。

それで就職する時に、百貨店と、アパレルメーカーとどちらがいいだろう……って悩んだんですけど、「百貨店の方が、いろんなブランドに出会えるかな」と思って、百貨店を選んで無事就職できました。
そこで安心していたら、ふと気が付いたの!
「百貨店って、お惣菜とかも売ってるじゃない!」って(笑)

だから、急いで人事担当の方に直訴しに行ったんです。
「私、お弁当売りたいんじゃないんです! 服を売りたいんです」って。

さぁ、これで安心……と思ったら、婦人服売り場って、肌着も売っているでしょう? 
ハッとなって、今度は「私は、パンツを売りたいんじゃないんですぅ!」って、また直訴しに行っちゃって。そんなことしたのを、すごく覚えてるの。笑っちゃいますよね。

それで念願叶って、プレタポルテの販売員になれました(微笑)。変な娘だな、と思われたでしょうけれどね。

 

19年間で、10万人以上を接客した経験が、今の私を支えている

それから19年、三越で働かせていただきまして、販売員としては銀座店と日本橋店にお世話になりました。最後の方は、本部勤務になってバイヤーの仕事を担当させていただいていました。

でも、本当に楽しかったですよ、販売員の仕事は。
銀座三越には1日に5万人ぐらいのお客様がいらっしゃってましたから、本当に忙しくて。
私は今、プロフィールでも「10万人の接客経験」って書いてますけど、本当はもっと多いような気もします。

10年前に三越を退社した後、私考えたんです。
「自分の、これまでの経験を100%活かせる仕事はないだろうか」って。

そんな時、「国際イメージコンサルタント」の資格と出会って、「これだ」と思いました。この仕事なら、私の19年間の経験をすべて活かして、人の役に立つことができると思いました。本当に、天職だと思っています。

私が今、国際イメージコンサルタントとしてお客様の期待に応えられているのは、三越で、本当に沢山の人と触れ合って、ファッションの流行や、その人その人にあった抜け感や落ち感などを実際に観察して、提案して、お客様に喜んでいただいてきた経験があればこそだと思っています。

ファッション販売員って、本当に自分を成長させてくれる仕事ですよ。

ですけれど、販売員って、お店のアイコンとして振る舞う華やかな一面だけじゃなくて、付帯業務も沢山あるでしょう。
この付帯業務を「自分がやりたい仕事と違う」と嫌がって、辞めてしまう方が昔も今も多いのは、すごくもったいない事だと思うんです。

(つづく)

取材・文・撮影
佐藤秀治(お客様を動かす「共感づくり」の専門家)
日本IBM、電通ワンダーマンを経て、現在、(株)プラップル代表取締役。
コピーライターとして、企業のブランド育成やお客様事例制作に携わってきた経験から、お客様を動かす「共感づくり」をサポートし、事業や個人の成績向上を達成につなげるコンサルティングを行う。

 

≫販売員としての成長の極意が「付帯業務」にある?